banner

お葬式の遺族挨拶のマナーとは?

お葬式に参列する際や喪主として参加する場合、どちらにおいても遺族挨拶については考えておかなくてはいけません。参列者として参加した場合は遺族に対してどのような挨拶をしなくてはいけないのか、挨拶をするタイミングはどうしたらいいのかなどを知らなくてはいけませんし、喪主として遺族挨拶をする場合はどのような内容の挨拶をすべきなのかを知っておく必要があります。故人を見送るお葬式において、きちんとした挨拶ができないというのは非常に恥ずかしい事です。参列者としてはもちろん、喪主としてもどのような挨拶をすべきなのか、挨拶について知っておくという事はとても重要なポイントとなってくるでしょう。では、遺族挨拶についてどのような事を知るべきなのでしょうか。

遺族挨拶について知っておきたい事は、参列者と喪主それぞれでいくつかあります。お葬式に参加するという場面は参列者として参加する場合の方が、喪主として参加するよりも多くなりがちです。特に社会人になると会社の関係者など人付き合いも増えますので、参列者として参加する回数も増えてくるでしょう。しかし基本的にお葬式とは頻繁に参加するものではなく、何度も参加する事で場慣れしてマナーを覚えていくという事がしにくいものですから、きちんと知っておかないといざという時に失敗してしまう可能性もあります。参列者としてマナーを知らないとご遺族に対して失礼なことをしてしまう可能性もありますから、特に気を付けてマナーを知っておきましょう。

喪主としてお葬式に携わる機会はさらに少なくなり、喪主となった場合には遺族挨拶についても考えなくてはいけません。遺族挨拶は喪主として参列者にするものですから、きちんとした挨拶を考えなくてはならず、あまり経験する事のない喪主としての挨拶は、どのようにしたらよいのか分からない人も多くいます。喪主として挨拶をする時にはどのようなマナーがあるのか、そして挨拶の内容はどういったものが良いのかを知らないと、思わぬ失礼な挨拶をしてしまうかもしれません。挨拶には使う事を禁止されている単語も多くありますから、どんな単語を使ってはいけないのか、失礼のない挨拶とはどういったものなのか、これをいざという時になってから調べるのではなく事前に調べておくと良いです。

お葬式の遺族挨拶は、参列者、喪主共に考えておかなくてはいけないものです。どういった言葉を使ってはいけないのか、挨拶するタイミングはいつなのか、そして挨拶の内容や考える時のポイントなどを知っておくと、いざという時に備える事ができます。その時になってから焦るのではなく、事前にきちんと調べておく事で、スムーズなお葬式の進行ができるので考えておきましょう。

お知らせ

[2018年09月19日] ホームページを更新しました。

Copyright©2018【お葬式の遺族挨拶のマナーとは?】 All Rights reserved.